FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://benpi560.blog41.fc2.com/tb.php/34-26fb4f7c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

便秘の解消法、腸のゆがみに悩むすべての方へサイトトップ >腸の病気 >>慢性盲腸と言われたことがあります

慢性盲腸と言われたことがあります

慢性盲腸と言われたことがあります

お腹の右下が時々痛くなるのです
ここはちょうど虫垂が有る場所で、
この虫垂が炎症を起こすことを虫垂炎とか、
その辺を回盲部というので盲腸炎とか略して盲腸とかいいます。

しかし痛みの場所はあまり当てにならないこともあります。
内臓の痛みは様々なところに出てくることが有って、
虫垂炎でも胃が痛くなる人もいます。

見分ける方法の一つが痛みの感じ方を確かめることです。
痛い場所をゆっくりと押さえてみます、
次に押さえた手をぱっと離してみます。




この時に、押さえたときと離したときとどちらの方が痛いかを比べてみます。
離したときの方が痛い場合は盲腸炎の可能性が高いです。

しかし、これらは急性の虫垂炎の場合であって、
慢性の盲腸では違うようです。

そもそも慢性の盲腸炎は言われているほど多くないようです。
痛みの原因は憩室炎であったりその他の腸炎の場合が多いのです。

慢性の盲腸炎は虫垂の軽い炎症が起こっている状態ですが、
その原因が解消されない限り、症状は酷くなることが多く、
より大きな炎症を起こして結局は急性虫垂炎を起こします。

血液検査をすれば、炎症が起こっているかが分かります、
特に白血球の数が増えてきます。
通常では4000から7000程度の数が10000を超えてくると、
どこかに炎症が有る証拠です、痛みの場所と照らし合わせて診断をします。

もちろん、最近ではエコーやCT検査でより確実な診断を行います。

治療は軽い場合は抗生物質などで症状が治まることもありますが、
摘出手術が根本治療になります。

よく慢性盲腸を薬で散らすなんて言いますが、
これは抗生剤を点滴して一時的に炎症を抑えて居るのです。

しかし、炎症が何度も続くと、癒着などを起こしやすく、
重症化したときに手術が難しくなることもあります。

慢性的に痛みが有るときには、しっかりとした診断をしないと、
あとで面倒なことになるかも知れませんよ!
関連記事



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://benpi560.blog41.fc2.com/tb.php/34-26fb4f7c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

便ピン2

Author:便ピン2
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

QRコード

QRコード

現在のおすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。