スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

便秘の解消法、腸のゆがみに悩むすべての方へサイトトップ >腸の病気 >>過敏性腸症候群( IBS)は便秘の原因になる

過敏性腸症候群( IBS)は便秘の原因になる

過敏性腸症候群は IBS(irritable bowel syndrome)でも通じるほど一般的な病気になっています。

腸の不調を訴えて病院を訪れる患者の多くを占めています。

しかしIBSはガンなどとは違って生死にかかわる重篤な疾病ではないので病院を受診していない人も多くいて、
本当の患者数は成人の5-20%以上いるとも言われています。

過敏性腸症候群は死ぬことはないとして今までずいぶんと軽く扱われてきました、
しかし実際は日常にかなり支障をきたすほどの症状の人が沢山います。




原因はハッキリと分かってはいませんが、ストレスが関係することは確実であるので現代病の一つとされています。
最近では子供でも過敏性腸症候群になる様です。

それでも最近の研究では内臓知覚の過敏が過敏性腸症候群の病態の原因であると考えられるようになってきました。
その内臓知覚に関与しているとされる物質がセロトニンです、ストレスによる下部消化管運動亢進にも、
セロトニンが関係しているとされています。

ストレスは間違いなく過敏性腸症候群を悪化させます。

ストレスを貯めないようにしましょう・・・
と言われても難しいですよね。

ところで過敏性腸症候群は下痢の病気と思っている人も多いのですが、
便秘が症状として現れる人も多くいます。

しかし、便秘は下痢に比べて日常生活に支障になることが少ないので、
軽く扱われることも多く、病院を受診する人も少ないと考えられています。

その為過敏性腸症候群で便秘になっている人は潜在的にかなり多くいそうです。

特に女性は元々便秘になり安いので、ストレスで過敏性腸症候群になっても便秘が症状だと見過ごされやすいです。

ストレスを感じて便秘が酷くなったときには病院で診察を受けましょうね。
ただし専門家の所へ行かないとちゃんとした診断を受けることは出来ません。

過敏性腸症候群の専門医がいる場所を探しましょう。
場合によっては心療内科に行く必要があります。
関連記事



0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

便ピン2

Author:便ピン2
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

QRコード

QRコード

現在のおすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。