スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
便秘の解消法、腸のゆがみに悩むすべての方へサイトトップ >お腹のトレーニング >>便秘の原因の一つは腹筋が弱いから

便秘の原因の一つは腹筋が弱いから

便秘の原因の一つは腹筋が弱いからと言われています。

腹筋が弱いと便を押し出す力が弱いので出にくいからと言われています。

それで若い女性に便秘が多い原因の一つと言われています。

そこで、便秘の人の中でもやせ形で腹筋が弱いだけでなく全身の筋肉が弱い人は
どの様にして便秘対策をしたらよいのかを考えてみます。

まず腹筋運動をする事を誰でもが考えます。




仰向けになって両手を頭の後ろに組んで上半身を起こします。

でも、この方法ではもう弱り切った腹筋の人は一回も体を起こすことが
出来なくなっている事が多いのです。

太った女の人でも腹筋が出来ない人がいます。
出っ張ったお腹のせいで体が起こせないと思われていますが
実は腹筋が弱くなっているのです。

太っている人は体を動かさないので筋肉量も少なくなって当然腹筋もよわっているんです。

では、どの様に腹筋を鍛えると良いのでしょう?

まず腹筋を鍛えるといっても腹筋だけでなく全身を鍛える必要が有ります。

部分やせは難しいですが、腹筋だけを鍛える事も非常に難しいのです。

そこで必ず全身を鍛えながら腹筋も意識して鍛えていく必要があります。

先にも書いたようにいきなり腹筋を使用としても難しいので。
まずはゆっくりと全身運動を行います。

運動するときにはまずはストレッチをして全身の筋肉を伸ばしてからと考える人が多いのですが。
コレは間違いです。

ストレッチでも筋肉を引き延ばしているので筋肉を痛める危険が大きいのです。

まず行うのは軽いジョギングです。
ジョギングをして体を温めてからストレッチや別の運動をするようにしましょう。

つまりまず行うのはジョギング程度の全身運動です。

軽いジョギングで筋肉が暖まったらそこで初めて腹筋運動を行います。

一番簡単で効率が良いのはジョギングをするときにお腹の腹筋に意識を向ける事です。

そして強く息を吐き出す事も重要です。

息を吐き出す事で横隔膜が大きく動きます。
その動きは腹腔を支えている色々な筋肉の中でも大変重要です。
深呼吸は横隔膜を動かすことで腸にも良い刺激を与えます。

これもジョギングなど全身運動を行うときに同時にやることでより効果的になります。

関連記事



プロフィール

便ピン2

Author:便ピン2
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

QRコード

QRコード

現在のおすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。