スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
便秘の解消法、腸のゆがみに悩むすべての方へサイトトップ >睡眠 >>便秘の解消に睡眠が大事|自律神経を安定させるために必要なこと

便秘の解消に睡眠が大事|自律神経を安定させるために必要なこと

便秘の解消には睡眠がとても重要です。

便秘は腸によって起こります。
腸は自律神経によって動いています。

自律神経とは字の通りで自律している神経で
体の意志とは関係なく動いている神経です。

体は色々な条件によって様々な動きをします。

暑くなったら汗をかいたり
自然と呼吸をしたり。
心臓は脳が死んでも動きを止めません。

これらは自律神経が自分で調節しているので
勝手に動いているのです。

じつは脳死状態でも腸はちゃんと機能します。
腸も自律神経で動いているのです。







自律神経は交感神経と副交感神経の
バランスで成り立っています。

体の部位によっても違うのですが片方が動かす信号なら
もう一つが押さえる信号です。

心臓がドキドキ拍動が早くなったり
ゆっくりと動いたりするのは自律神経が
バランスをとっているからです。

腸の場合は副交感神経が優位の場合は動く信号として送られます。
交感神経が優位の場合は動きが止まるのです。

交感神経は主に活動をするときに優位になります。
活動時に腸が動いて例えば便が出そうになったりすると困りますよね。
だから活動するときには交感神経が優位に働いて腸の動きを抑えるのです。


反対にゆっくりと体を休めたいときには副交感神経が優位になります。
リラックスしている時に便意が起こるのは副交感神経が優位になるからです。

この2つの神経が上手くバランスをとていると
必要なときにちゃんと便意が有ってトイレに行きたくなります。

上手くバランスが取れないと便意が起こらないために便秘になるのです。


バランスがうまくいかない原因として
交感神経が高ぶりすぎることがあります。

副交感神経の出番が少なくなって
便意が起こることも少なくなるのです。

今の生活はストレスが多かったり色々な刺激が多くて
どうしても交感神経が優位になりやすいのです。

副交感神経の出番を増やさないと
うまくバランスが取れない状態になってしまいます。


この副交感神経の出番を増やすのが睡眠なんです。

睡眠を深く必要な時間だけとることで
副交換神経の働きが良くなります。


つまり便秘の解消のために
睡眠は重要な役割をしているのです。


もし便秘に悩んでいる人で
睡眠がうまくとれていないことに気づいたら

睡眠についてちょっと勉強をして
良眠になるように工夫をしてみましょう。








  • コメント : -
  • トラックバック : -

プロフィール

便ピン2

Author:便ピン2
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

QRコード

QRコード

現在のおすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。