スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便秘薬を効果的に使う方法|効能を理解して症状に合わせることが重要です。

便秘薬はいろいろな種類があるので
宣伝につられてよく効きそうだと思って使っても効果がないばかりか
お腹が痛くなったり下痢や気分不良になったりします。


まずはよくある便秘の効能を理解しましょう。

・塩類下剤
便の水分を増やして便を柔らかくします。
まず初めに処方されることが多い便秘薬です。
副作用も少なくて軽い便秘ではよく効きます。

・大腸刺激性下剤
大腸の粘膜を刺激して腸の蠕動運動を活溌にします。
これが副作用も多くて効果もだんだん薄くなるために
どんどん量が増えてしまうことがある下剤です。
量の加減が難しいですね。

・アミティーザ
最近保険適用された下剤です。
小腸の粘膜細胞を活性化させて水分を引き出して便を柔らかくします。
比較的高齢者に効果的な事が多いようです。
反対に若い女性では胸の圧迫感などの副作用を感じる人がいて服用量の加減が必要です。

塩類下剤は便秘初心者向けの便秘薬に使われていて効果も有るのですが
効果は緩やかです。
その為もっと確実に早く便秘を解消したいと考える人が大腸刺激性の下剤に手を出します。

メーカーも早く確実と宣伝するので試してみると
確かにすぐにお腹がグルグルいって効いてる感じもします。

しかし腸を刺激しているのですから強すぎれば痛くなるし
刺激はいずれ麻痺してしまい効果が薄れてしまいます。


従来はこの二種類しか無かったのですが
最近保険適用された下剤のアミティーザは
これらとは違う働きで便秘解消しようとするものです。

便を柔らかくするのではなく便の元の水気を多くして
出来上がる便を柔らかくしようとするものです。

その為出来る便のすべてが良い状態に便になるので
効果も持続しやすいようです。


また高齢者に効果的なのは
若い人は異常が有ってもそれをすぐに戻す力もありますが
高齢になるとなかなか元に戻らないので
おかしくなる前に手当をするほうが効果的なのかもしれません。

便秘でおならが臭いのは便におならが触れるから

便秘になるとおならが臭くなりますよね。

でもおならが臭くなるにはある条件がるようです。

それはおならが便と接する時間が長いことです。


おならは元々ほとんど無臭なんです。
なぜならおならの元はどこにでもある空気だからです。

おならの元の腸内ガスはそのほとんどが
口から飲み込んだ空気です。

普段は空気をクサイとは思わないですよね
確かに空気中にも臭いと感じる元も混ざっているのですが
すぐに拡散して感じられないほどになります。

腸内でも悪玉菌によって発生したかなり悪臭を放つガスが作られれるのですが
その量は非常に少なくやはり腸内でも拡散されるのです。

その為腸内環境が悪いからといっておならが必ずくさいとは限りません。

ではなぜ便秘の時のおならが臭く感じることが多いのかといえば
便秘で腸内に便が沢山残っているので
腸内ガスがその便と接する時間が長くなるからなんです。

便はクサイ。
さらに腸内環境が悪い場合の便は更にクサイです。

その便に長く接するうちに元々臭くなかった
ほとんど空気の腸内ガスが臭くなってしまうのです。

その為続けておならをするとはじめはものすごく臭かったのが
二回目はそうでもないなんてことも起こるのです。

一回目のおならは長い時間便に接していたが
二回目のおならはそれほど時間が経っていなかったからです。

しかし事前にコレを見分けることは無理です。
対策としてできるのは出来るだけ早く腸内ガスをおならとして出してしまうか

便秘を解消して腸内の便の量を減らすことで
腸内ガスが便と接する時間を短くするしかないようです。









プロフィール

便ピン2

Author:便ピン2
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

QRコード

QRコード

現在のおすすめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。